学校長 挨拶

「高い志をもって生きぬく力を身につけた生徒の育成」

本年度よりお世話になります。よろしくお願いします。

北方中学校では、学校の教育目標である「高い志をもって生きぬく力を身につけた生徒」の育成に向けて、教職員一丸となって取り組んでいます。
少子高齢化が加速度的に進むとともに、10年~20年後には、日本の職業の半分が人工知能やロボットに代替されるといったデータが紹介されるなど、私たち大人がこれまで経験したことのない変化の激しいこれからの社会を生き抜いていく子どもたちに、「志をもって、たくましく生きぬく力を身につけていくこと」が重要であると考えています。

「志」とは、「こんな自分になりたい」「将来の夢を実現したい」そうした夢や目標をもち、自分自身の課題から目をそらさず、ひたむきに日々の生活の中で努力を積み重ねていく、そうした営みの中から生まれるものであると考えます。
また、「生きぬく力」とは、様々なことから主体的に学ぼうとする意欲を高め、「確かな学力」「豊かな心」「健やかな体」を育むとともに、地域社会の一員として豊かな人間関係を築きながら、よりよく生きようと自らの生き方を追求していくことができる力であると考えます。

たくさんの頑張った事実を積み重ねていくことは、難しく、途中でくじけて、やめてしまいたくなることもあると思います。そういった困難を乗り越えるときにこそ、成長があると信じて、私たち教師は、精一杯子どもたちを支援します。また、私たち教師だけでなく、共に生活する仲間が、時には、目標や憧れとなったり、指摘をしてくれたり、支え合ったりして共に高め合っていくことができるように精一杯支援していきます。
地域・保護者のみなさま方には、志をもって、たくましく生きぬく力を育むとともに、地域社会の一員として豊かな人間関係を築いていける「北方の子」を育むことができますよう、温かい見守りや力強いご支援、ご協力をお願いいたします。

北方中学校長 浅井 孝彦